長谷川久美子 エスペランサ(希望)・連弾

2010年、チリ鉱山で起きた落盤事故で、全員の無事救出を願い世界が一つになった折に書かれた1曲。
いつもの朝・闇・星・祈り・希望と、時間の流れに伴う心の動きを表現している。中でも祈りは、教会音楽を思わせる多旋律で書かれ、特に人気が高い。そして、希望は最高の喜びと躍動感にあふれている。
2012年5月、連弾デュオ・カンタービレによって初演。メッセージ性が高く、講師演奏やコンサートに最適。

楽譜番号010913作曲家長谷川 久美子/Kumiko, Hasegawa
ジャンル連弾・ピアノ合奏難易度中級出版社個人出版
編曲編集・校訂初版2013-11-26
ページサイズ213×280ページ数11印刷ページ数
価格605円
楽譜番号:010913
作曲家:
長谷川 久美子/Kumiko, Hasegawa
ジャンル:連弾・ピアノ合奏
難易度:中級
出版社:個人出版
編曲:
編集・校訂:
初版:2013-11-26
ページサイズ:213×280
ページ数:11
印刷ページ数:
価格:605円
カートに追加
ご入金確認後、印刷製本して2, 3日(ゆうパックをお選びのお客様)でお届けします。
楽譜サンプル
Ptna 010913
カートに追加
ご入金確認後、印刷製本して2, 3日(ゆうパックをお選びのお客様)でお届けします。